債務整理ナビ - 相談・依頼で早期解決を!TOP > 気になる費用 > 借金の時効について

借金の時効について

 

借金をクレジット会社、または消費者金融から借り入れているという人の中には、返済に困っている人が結構いると思います。

 

その対処方法として債務整理を選ぶ人がいますが、債務整理をすることで返済額を軽減、または無くして生活を再建するという方法があります。

ご存知ですか?

 

しかし、その債務整理さえもしないで借金の返済を行わない、返済を放っておいている人が実際にいます。

 

この場合、借金の時効が成立してしまう可能性がありますね。

 

当然のことですが、成立すると支払い義務が無くなってしまいます。

 

「実際に借金に時効なんてあるの?」って思いますよね。

 

ですが、一定期間借金を返済していないと、債権者側が「返済しろ!」という権利が無くなってしまうんです。

 

簡単に言うと、返済時効が成立してしまうということになります。

 

それを聞くと、なんとなく夢のような感じですよね。

 

そうなると、「じゃあ私も返済しない!」と考えてしまいますよね。

 

しかし、この一定期間返済しないという期間とは、どのくらいの期間なんでしょうか。

 

その期間については、どこでどういった経緯で借金をしたかによって変わってきますね。

 

親戚や友人(知り合い)などから借りた場合には、時効が10年となっています。

 

クレジット会社、消費者金融から借りた場合は、時効が5年と決められています。

 

その期間返さなければ時効が成立します。

 

※ただし、時効期間が過ぎたら自然に時効成立となる訳ではないので注意しましょう。

 

借金の時効を成立させるためには、以下の条件が必要になります。

 

(以下参照)
・決められた期間返済をしていないとうこと
・時効の中断事由に該当していないと言うこと
・時効に関する援用手続きをしなければならないこと

 

以上のことに当てはまらなければいけません。

 

放っておいて支払い義務が無くなることは無いですよ。

 

ですから、安易に返済しなければ良いという考えは捨てましょう。

 

債務整理などをして、しっかりと問題解決が出来るようにすることが大切になります。

 

 

気になる費用記事一覧

費用について

借金をしていて返済に困っている人は、債務整理をしようかと悩んでいる方が多いようですね。あなたの場合はどうですか?しかし、債務整理をするためには、司法書士や弁護士に頼...

所要期間について

借金の整理をする場合、債務整理をすることがありますよね。しかし、その手続きには色々な種類があります。また、ある程度の時間がかかってしまう事が予想されます。債...

借金の時効について

借金をクレジット会社、または消費者金融から借り入れているという人の中には、返済に困っている人が結構いると思います。その対処方法として債務整理を選ぶ人がいますが、債務整理をす...

取り立てについて

借金をした先にもよりますが、「返済しろ!」と電話をかけたり、自宅を訪れたりといった取り立てをする業者もいるようですね。それに困って債務整理を行うと決める場合については、司法...

手続き中の支払いについて

債務整理をするには、色々な手続きを踏んでいかなくてはならないですよね。そのため、全ての手続きが完了するまでには、数ヶ月といった期間がかかってしまうことが予想されます。 ...

過払い金の返還請求について

各債権者側への返済についてですが、返済金を払い過ぎたことに対して返還を求める請求手続きを行うことを、過払い金の返還請求と言います。ご存知ですか?債務整理を行った際、...